スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24 シーズン4なのだ 

・・・彼女は僕のほんとに目の前で泣きじゃくっている
  僕の言葉がこの娘を死ぬほど傷つけてしまった
  言葉というのは厄介で、「今のは無し」というわけにいかない
  なんとかなだめようと、出した右手もあっさり叩き落とされる
  僕は思った、こんな時あのジャックバウアーなら、どう切り抜けるのだろうか?
  そんな風に僕は現実から遠ざかって行く、毎度の事。

記憶がかすれてしまう前に書き込まねばならぬ「24シーズン4」
シーズン4はタイムリーにもテレビで最近の深夜、放送されていました
そつがない?かな?たまたま時間的な余裕もあったので48時間で見たんですが
なかなかたて続けに見れるものではないのだけど、それが見ることが出来たということは
そつがない(辞書:手落ち・ぬかり、ない。無駄がない。)作品だったんじゃないかなあー
特にあのテロ家族のお父さんは、もっと濃い役でもよさそうなものだけれど
意外とあっさりな薄味に仕上げた所が、24らしいかな?
トニーの再登場のシーンは誰もが「家近っ!」と思ったとか、思わなかったとか…
うらぶれたトニーをもう少し、描いてほしかったとか…
オードリーかあー、うーんオードリーねぇーとなんか納得いかなかったり…
24中毒患者としては何でも来いなのですが、シーズン4は「たぶんあっさり」そんな感じ

俺としては、ハンムナプトラのおじさんを出すよりも
あの家族をもっと最後まで、シーズン5の大統領並みに焦点をあててもらいたかった
そして三人とも生き残ってほしかったですね、いろんな思いを馳せつつ。
生かしておけなんて「24」では無理な相談なんですけどね。

  たぶん、ジャックバウアーならこういう場面は不器用にうまくこなせないはずか、又は
  「大統領の恩赦を書面で用意してやるから泣き止め」と、交渉するだろうが今の僕には
  何も役に立たないどころか、彼女が扉を開いて出て行くのを止められずなおかつ
  怒鳴り散らすだけ、そしてこう言う「24って何の役にもたたねーじゃんか…」
  秋の空気に、ちょいと寂しさを感じることが出来る、二十歳前。

スポンサーサイト

大人味だ!「24」シーズン3到着!! 

シーズン3でありますかぁー、はぁ~…
まさに、見る者もドラマのキャラもボロボロに疲れてしまう
見終わった後になんだか癒えない傷を背負わされてしまったような
そんな感じのシーズン3、完全大人向けドラマかな?
24時間のはずなのに見終わった後の倦怠感は2週間分はあった…はず
まさに言葉にならないモノをジャックが最後に表現してくれています


シーズン3の事ぽろぽろ

■トニーやジャックがまさか、んな大胆な作戦を計画しているなんて
 想像もしていなかったので、当分の間すっかり騙されてしまう
 (それも24シリーズの快感のひとつです)
■俺がすっかり24に魅了され「これはまさに薬物中毒だな」と思っていると
 ジャックがほんとの中毒の設定でおもわず吹いた。
■CTUの事務所でブロンドのあの娘が振り向いたとき、全然予想をして
 いなかったので、咥えていた職人かたぎの黒糖かりんとうを「ぽろり」と落とした
■クロエ登場(その後、彼女の口元の演技?にとりつかれる)
■タフガイなテロリスト(ラモン)登場、見るからに悪そうでいい感じ。
■ニーナ再々登場、ジャックとの面白いキスシーンで(こういうアホなシーンが好き)
 ジャックはちょっぴりアホな男を演じていてGJ!でしたな
■奥さんを人質に取られてトニーの人生がここから大きく変わったかと
 思うと、なんともやっぱりシーズン3は恐るべし
■ラモンに比べて黒幕は悪っぽくないので俺的にNGでした
■チェイスよバウアー親子相手に命があっただけありがたいと思へ

■「24」のウィキペディアへ⇒GO!!
いやー、なんだかんだ言ってもなかなか楽しめたシーズン3だった
まあ24時間分の感想をここでチョロリと書くというわけにも
いかないので要点だけ書かせてもらいますが。。。


シャペルでしょう、やっぱり。
シャペルゥ~ですよ、そりゃないぜジャックのおっちゃん。
まさに「24」、これぞ「24」なんですが
テロリストもそんなに意味もない、ただの嫌がらせみたいだし
ジャックも嫌だったんだろうなあ、でもあっさり撃つよね後ろから…
そんなこんながあのラストに込められているのかどうか
まあ、出鱈目な俺でも少しばかり乙女のように傷ついた「24の3」
でありました。

続きを読む

い、今頃シーズン2でありますかっ!「24」 

いやーここ二ヶ月ぐらい「24」と「LOST」のプールにタプンと浮かんでます
もう何も考えられない、何も感じない…
ただジャックバウアーを尾行して観察する日々、やばいっす。
今シーズン5の途中だけど、禁断症状出ても「24」という薬はそろそろ
行き止まりなので少しづつ薬を減らしていこうと思っていた矢先
闇社会はDVDにただで鑑賞できる「プリズンブレイク」とか入れてるし…
まだ指を震わせながらもプレイボタンを、押さないでいられる俺が
記憶もほぼ消えかけているシーズン2を回顧してみます。

24」のシーズン2はうまいっ!
見終わったとき「こんなのテレビで出来るんだ…アメリカ万歳…」
まさにビバ!アメーリカッ!そんな思いでいっぱいになった。
シリアスな犯罪ものドラマにアホアホなキム爆弾!
原爆も登場させるまでは由としても、爆発させてしまうという
(しかも国土領内で)とんでもないお馬鹿さかげん!!
痺れた!俺は「24」のスタッフにこの時痺れました!!
「良くやった…」そう製作サイドに言ってやりたかった

シーズン2の事ポロポロ
■何はともあれ「メイスン」でしょう、それ以上も以下もない。
 なんとなく高田純二に似ているこの親父、日々衰えて行くさまが
 絵になっております、そのうえ美味しいとこも用意されていて
 その後の「24」も含めても、特別な扱いでした(たぶん)
 現実にはニーナの旦那さんみたいです。
■シェルターの男の気持ちはよくわかる、シャワー貸してやったら
 ノーブラにTシャツ一枚で巨乳の若くてかわいい女が目の前を
 ふらふらうろつくんだもんな…あんたは何も悪くないよ
 相手が悪かったそれだけの話…
■原爆を砂漠で爆発させるというのは、真剣に驚きました
 俺の住んでる広島と長崎うんぬんという話はよそに置いときますね
■キムのエピソードのほうがいつテロと絡んで来るのか待ってしまった…
■メイスンが死んだ時点で俺のシーズン2は終わってたよ。


■「24」の公式HPへはこちらへ⇒GO!!
■シーズン2(so-net)のページへはこちら⇒GO!!

でもシャペルよりましか…




で、このシーズン2ぐらいまでは、このドラマかわいげがありました
次作あたりから大物の空気をかもし出してきてまして
おそれおおく思いつつ、鑑賞は続きます。
3はもうキム出てこんだろうなぁーとか、思いつつ見ていると…
「ふっ…」びっくりしたでありますっ!となってしまいますよ。

続きを読む

バウアー並に復活できるか「24」その① 

なにかしら気づかない間に肌寒くなっていたりします
こんな呑気なので、24の鑑賞中はジェットコースターに乗ってる気分でした
高音の着信音に敏感になったり
マクドナルドでポテトを勧められれば「書面にしてくれ」と言いたかったり
夜歩いていて一人になると、腰をかがめて「グー」「チョキ」とか変な合図を出したり
俺やばいです、「24」中毒です。だからテレビシリーズは。。。。
■「24」オフィシャルサイトへ⇒GO!!
■「24」オフィシャル シーズン1⇒GO!!(ジャック若い)

世間に遅れること数年、あの「24」をシーズン1から見始めている
ここまで人気が出たドラマだ、おもしろくないわけがない。
誰もが一話目を見たら最後、それから24時間は主人公のジャックバウアーと
行動を共にしなければ、おしりがムズムズして落ち着かないだろう。

ほいさ言っておきますよー、「24」は面白い、というか止められない。
すでに4まで見終わってしまいました、最新は5の途中までリリース
されています、5が今年のエミー賞で活躍したので
まだまだおもしろさが、続いているようで安心です。

シーズン1は「問答無用の荒技氏」あの手この手で俺達、視聴者を
テレビの前に釘付けにします、今までのドラマではありえない展開が
広がっていくし、銃器で殺されて行く脇役もFPSのゲーム並で
アメリカではこれが何時に放送されているのか、日本の片田舎でこっそり
心配になる程であります。以下、印象に残った部分をあげてみます
■お母さんは初めから、幸薄そうで画面に映るたびに不安になりました
■コンピュータの女の人が裏切り者という時点でかなり衝撃だった
■次から次に人が殺されるので、「それはないやろチッチキチー」。
■ジャックバウアーって犬みたいな名前だ。
■何故大人の女性キャラは貧乳なのに若いキャラはボインなのかと問いたい
■俺「CTUアルメイダ」と当分、つぶやいていました

俺が感じるにシーズン1は、面白い以前に、とにかく飽きさせない
それが大前提で話が進んで行ったように思いました
なので面白いと言うのは少し違うような気がしますが
それがテレビ的面白さと言えばそうなのだ、止められない、そう。
シーズン1のDVDに入っていた(たぶん)2の予告編をみると
「なんでこの人2にも映ってるの?」と2も止められなくなります。
モニター越しのこの人は妙に怖い、貞子みたい。。。
スタッフの思惑はまんまと嵌り、2へと大きく羽ばたくのでした。
2に続く(2はちょっと驚きのシチュエーションだった)




続きを読む

LOST見ちゃった。 



面白いという噂のLOST(シーズン1)を見てしまった。
エミー賞とゴールデングローブ賞をダブル受賞した超話題作なんだ。
一言で感想を述べるなら「おもろ、これ」(おもしろいよ、このドラマ)です。
飽きさせないドラマ、突拍子もない展開や現象も頻繁に起きるけれど、見ている俺も
リゾート気分のせいなのか、白い砂浜のせいなのか、
出演者の気持ちとシンクロ率完璧なのでワクワクするばかりです。

何が楽しみっつって、みんなの回想シーン?
島以外でのドラマが、早く始まらないかと待ちわびながらDVD見てました
もっと極端に言えば、出演者のみんなで砂浜で円陣組んで思い出話を
ずっと続けてほしいぐらいだ、島の謎はロックに任せておけばいい。
それぐらい、俺は回想シーンを待ちわびているんだ、回想マニアだっ!!
「ゲホッゲホッ…」ちょっと喉詰まった。

お気に入りの回想シーンベスト3とか
■やっぱりソーヤの復讐シーンでしょう、うん。(ジャックパパとのシーン含む)
 この人騙されてるんじゃないかなーと思っていたら。案の定騙されてた。
 殺すのになんだか、かなり悩んでいるあたり良かったです。
■そしてケイトの銀行強盗のシーンでしょう、えーーーーっ!!とかなりびっくりした。
 この女は悪女だ、俺の中ではこの瞬間完全にそうインプットされた
 それまではかわいい人だなあー、騙されていたがもう騙されないぞっ!
 ケイトだけでたぶん劇場映画が出来るぐらい、悪事を重ねている峰不二子クラス!
 だと思います、そう峰不二子クラスの悪女なら許す!!
■ロックがおもちゃ屋で子供におもちゃの説明をしているところ
 なんとなく良かった、何だか知らんが良かった。
その他にもいろいろあったけど、やっぱり島の話より面白いと思う

さまざまな謎について
 このLOSTには、ただの偶然やちょっと不思議な現象では収まりきらない
 たくさんの謎がちりばめられているのです。謎ならいいのですが
 黒い霧が暴れてみたり、男の子が超能力を発揮してみたりするので
 どうも最終的には超常現象的な話になってしまうのでしょうか
 人気があるうちは、ドラマを終わらせるわけにはいかないので
 当分それらの謎の答えは、おあずけになるのかな?
 どうなんだろうか…

お気に入りキャラ
 どうもソーヤが一番感情移入しやすいのは、一般的男性視聴者として
 正しい反応なんだろうか?外見はもちろん恐ろしいほどにかけ離れているが
 小学校の通知表で毎度毎度「協調性がない」というコメントを頂いた
 俺としては、他のなんだか協調しているキャラより居心地がよかった
 ケイトも初めはファンだったけど、ソーヤと筏の乗船権を争うとき
 「あんたの席なんかいつでも奪い取れる」と言ったときちょっと怖くて
 ファンやめました(峰不二子以上の悪女かも)
 

とにかくこのドラマは手放しで楽しんで損はないはず
AXNではシーズン2がすでに放映されているようです
シーズン2見てーーーーっ!!(本土では3が放映中?)

■AXNによる「LOST」公式HP⇒GO!!
LOSTが獲得した賞の数々をこちらで確認してください⇒GO!!
LOSTのパイロットフィルム製作に際してのちょっとしたコラム⇒GO!!



ロックフォードの事件簿、刑事コロンボあたりからはじまって
スタートレックシリーズ、ツインピークス、アリーマイラブ等
普通にテレビ見ているだけでも、アメリカドラマって結構見ているもんですね
とくに最近のアメリカ産テレビドラマは、日本のドラマなんて
足元にも及ばないほどの規模で製作されているのか
「なんかすごいな」と、素直に感じます

24に手を出すべきなのか、出したら終わりそうにない無限地獄じゃないのか
でも見たくなってきている、見たい!見るぞ!
あと、サービスエピソードでLOSTと同じプロデューサーのテレビシリーズ
「エイリアス」の一話目がDVDに入っていたので見たけれど、この人
大胆な設定が好きみたいで、謎の組織とかいきなり主役が新婚なのに
旦那さんが殺されたり、殺したのは主役の父親だったり、すごかった。


LOSTについての勝手な妄想を書き込もうと思ったけど、
夜が明けてしまいそうな勢いなので、止めておこうっと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。