スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOST見ちゃった。 



面白いという噂のLOST(シーズン1)を見てしまった。
エミー賞とゴールデングローブ賞をダブル受賞した超話題作なんだ。
一言で感想を述べるなら「おもろ、これ」(おもしろいよ、このドラマ)です。
飽きさせないドラマ、突拍子もない展開や現象も頻繁に起きるけれど、見ている俺も
リゾート気分のせいなのか、白い砂浜のせいなのか、
出演者の気持ちとシンクロ率完璧なのでワクワクするばかりです。

何が楽しみっつって、みんなの回想シーン?
島以外でのドラマが、早く始まらないかと待ちわびながらDVD見てました
もっと極端に言えば、出演者のみんなで砂浜で円陣組んで思い出話を
ずっと続けてほしいぐらいだ、島の謎はロックに任せておけばいい。
それぐらい、俺は回想シーンを待ちわびているんだ、回想マニアだっ!!
「ゲホッゲホッ…」ちょっと喉詰まった。

お気に入りの回想シーンベスト3とか
■やっぱりソーヤの復讐シーンでしょう、うん。(ジャックパパとのシーン含む)
 この人騙されてるんじゃないかなーと思っていたら。案の定騙されてた。
 殺すのになんだか、かなり悩んでいるあたり良かったです。
■そしてケイトの銀行強盗のシーンでしょう、えーーーーっ!!とかなりびっくりした。
 この女は悪女だ、俺の中ではこの瞬間完全にそうインプットされた
 それまではかわいい人だなあー、騙されていたがもう騙されないぞっ!
 ケイトだけでたぶん劇場映画が出来るぐらい、悪事を重ねている峰不二子クラス!
 だと思います、そう峰不二子クラスの悪女なら許す!!
■ロックがおもちゃ屋で子供におもちゃの説明をしているところ
 なんとなく良かった、何だか知らんが良かった。
その他にもいろいろあったけど、やっぱり島の話より面白いと思う

さまざまな謎について
 このLOSTには、ただの偶然やちょっと不思議な現象では収まりきらない
 たくさんの謎がちりばめられているのです。謎ならいいのですが
 黒い霧が暴れてみたり、男の子が超能力を発揮してみたりするので
 どうも最終的には超常現象的な話になってしまうのでしょうか
 人気があるうちは、ドラマを終わらせるわけにはいかないので
 当分それらの謎の答えは、おあずけになるのかな?
 どうなんだろうか…

お気に入りキャラ
 どうもソーヤが一番感情移入しやすいのは、一般的男性視聴者として
 正しい反応なんだろうか?外見はもちろん恐ろしいほどにかけ離れているが
 小学校の通知表で毎度毎度「協調性がない」というコメントを頂いた
 俺としては、他のなんだか協調しているキャラより居心地がよかった
 ケイトも初めはファンだったけど、ソーヤと筏の乗船権を争うとき
 「あんたの席なんかいつでも奪い取れる」と言ったときちょっと怖くて
 ファンやめました(峰不二子以上の悪女かも)
 

とにかくこのドラマは手放しで楽しんで損はないはず
AXNではシーズン2がすでに放映されているようです
シーズン2見てーーーーっ!!(本土では3が放映中?)

■AXNによる「LOST」公式HP⇒GO!!
LOSTが獲得した賞の数々をこちらで確認してください⇒GO!!
LOSTのパイロットフィルム製作に際してのちょっとしたコラム⇒GO!!



ロックフォードの事件簿、刑事コロンボあたりからはじまって
スタートレックシリーズ、ツインピークス、アリーマイラブ等
普通にテレビ見ているだけでも、アメリカドラマって結構見ているもんですね
とくに最近のアメリカ産テレビドラマは、日本のドラマなんて
足元にも及ばないほどの規模で製作されているのか
「なんかすごいな」と、素直に感じます

24に手を出すべきなのか、出したら終わりそうにない無限地獄じゃないのか
でも見たくなってきている、見たい!見るぞ!
あと、サービスエピソードでLOSTと同じプロデューサーのテレビシリーズ
「エイリアス」の一話目がDVDに入っていたので見たけれど、この人
大胆な設定が好きみたいで、謎の組織とかいきなり主役が新婚なのに
旦那さんが殺されたり、殺したのは主役の父親だったり、すごかった。


LOSTについての勝手な妄想を書き込もうと思ったけど、
夜が明けてしまいそうな勢いなので、止めておこうっと。

スポンサーサイト

夢家族 その三 

その三

智子が言う仕事とは、政府が試験的に始めた仮想の家族のホステスだ。
少子化、晩婚、核家族化、共働き等、実際の社会のシステムが加速度的に
それぞれを孤立、細分化させていく現状の中、社会の将来性に
危機感を感じた現政府が試験的に試みている、いわば実験中の
バーチャルファミリーとでも言えばいいだろうか、実際の家族には
程遠いが、PCのウェブチャットを通して家族的な会話をしている
だけの段階だ。
智子はさまざまな試験を乗り越えてそのホステスに選ばれた
このシステムは結構複雑で詳細な説明をいくらか省くが
智子のようなホステスやホストの上にマネージャーがいる
マネージャーから智子たちにクライアントにどういう風に接すればいいか
大雑把な指示がでるが、その支持を検討しているのは
マネージャーと常にチームを組んでいる専門家の検討によるものだ
クライアントもその専門家に選ばれた人間でないと今の実験段階では
参加することは出来ない。
智子のクライアントは、今出てきた春子おばあちゃん、昭雄おとうさん
と康子かあさん、あと年齢的に言ってどうしても多くなってしまうのが
一人っ子で育っている小さな男の子、弟が4人いる。
ちなみに全てのやり取りはその専門家に監視されているし
彼女の時給は920円だ。

つづいてやるっくそっ!

続きを読む

夢家族 その二 

その二
お風呂上りに牛乳を手に取り、PCの前に落ち着きスイッチをいれると
母が仕事を終えて帰ってきた。弟が母を出迎える。
「ただいまあ」玄関で重いスーパーの袋をいったん下ろし一息つく母
「お姉ちゃん仕事始めるから入るなってさ」弟の正が出迎えて
スーパーの袋を台所へと運ぶ。
智子の部屋のドアを一瞥して母も台所へと向かい夕飯の支度を始める

「おばあちゃん、元気だった?」智子はPCに向かって語りかけた
モニターには白髪も薄く皺が深い老婆が、映し出されている
「元気元気、今日もパートに行って、さっき帰ってきたばっかりだよ」
「そう、いいじゃんいいじゃん、私も夏休みが始まったし
 いつもよりたくさん話せるよ!」
そういって牛乳を片手に一口飲んだ、また口の周りが白くなっている
「ともちゃん、くちが白くなってるよ、口だけ白熊だよ」
「へへへ」智子は口を拭ってモニターで確認した

智子には本当の家族とは別に仮想の家族がいた
この春子おばあちゃんもその一人だ、事故で子供を亡くしてお爺さん
と二人きりなってしまったのが数十年前、お爺さんもたまに
はなしに混じってくるけど、大概おばあちゃん一人
智子のおばあちゃんは小さいときに死んでしまっていないので
だんだん春子おばあちゃんが本当のおばあちゃんのような気がするが
これが智子の仕事、バーチャル家族での役割なのだ、そう言い聞かせる。
仕事だけど智子は、バーチャル家族のみんなが本当に好きだし
一緒に話していると、本当の家族のような気になってくる
不思議な感じだった。
つづく

続きを読む

やるきはありますが、あついんですよ 


とりあえず何とか記事書いたので、白熊君のスイッチ切りますね。
新しいエアコン買うしかないのかとか思っているうちに、
涼しくなるんだなこれが…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。