スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドレナリン 




仕事仲間に薦められDVD鑑賞
アメリカンハチャメチャムービーとはこの事だ、何事も後に引きずることなくガンガンと前へ前へ進み続ける主人公のその姿に共感を覚える事は無いかもしれないが、殺し屋を生業にしている彼が最愛のスイートな彼女に対する一途な姿勢を見せる時ちょっとは暖かい気持ちになるだろう、何がなにやら分からぬうちに終わってしまうが何となく好感が持てるそんな映画。


主役はトランスポーターシリーズのジェイソン・ステイサムが演じる殺し屋が毒を盛られます、その毒は常にアドレナリンを出し続けていなければ心臓が停止してしまうというもの、映画が始まって終わるまで永遠に94分間もの間あらゆる手法を試みてアドレナリンを出し続ける彼が見ものです。もうそれだけです。途中からこの殺し屋の彼女も一緒に逃げるのだけれどなんだかキュートでいいです。アクションもあるしバイオレンスもラブロマンス?もアダルトもCGもあるけどアドレナリンを出し続けなければならない!この一点だけが見どころですね。そしてハリウッドぽくない衝撃のラスト?あなたはどう見ますか?!






◆「アドレナリン」

◆監督 脚本 マーク・ネヴェルダイン
         ブライアン・テイラー
◆ 出演    ジェイソン・ステイサム
         エイミー・スマート
         ドワイト・ヨーカム


◆「アドレナリン」の公式HP(本国版の方がおもしろそうなので)⇒GO!!
◆「アドレナリン」の詳細情報(allcinemaonline)⇒GO!!


あっという間の一時間半どうでした?原題は「crank」といいますがどういう意味合いかは今ひとつ掴めません、そしてどうも続編が作られるんじゃないかという気配なので、さらにパワーアップしたアドレナリン劇を期待しましょう!それでわ!!




スポンサーサイト

「アメリカン ギャングスター」 

◆アメリカン ギャングスター(試写会は一月後半でした)
試写会に当選したので近所の緑井トーホーで夕方六時半より鑑賞しました。まずは広島ホームテレビとお口の恋人ロッテさんありがとうございました、帰りがけに頂いたロッテのキシリトール・ガムもSPASH(うるおいリキッド入りガム)もただ今おいしく頂いております。



◆この映画を見て映画館を出る時あなたの背筋はまっすぐに伸び、生きる事に対して二時間半前よりも少しは前向きになっているはずだ。いくらか大人になると人は自分に対してのルールを持つ(正しいかどうかは別として)、それは何かに対しての不安をかき消してくれたり、やらねばならない事柄に対して自信を持たせてくれたりと色々効果があるようだ、しかし大概の組織の中で生きている人達にとって自分のルールを完全に守りきるという事はかなり難しい、完全に自分のルールを守りきって生きる人間がいるとすればタフガイである。そんな人間は自分の生き方の結果、死に面した時でさえ何の後悔も無くそしてその自信は揺るぐことなく、その時と向かい合うはずだ。かなり非現実的な人間像だが実在するそんな二人の男をこの映画は淡々と冷静に描き出している。


◆監督 リドリー・スコット
◆撮影 ハリス・サヴィデス
◆衣装デザイン ジャンティ・イェーツ
◆出演 デンゼル・ワシントン
    ラッセル・クロウ


    
アメリカン・ギャングスター公式HPへ⇒GO!!
アメリカン・ギャングスターの情報(allcinemaoline)へ⇒GO!!


◆あのリドリー・スコットの最新作、監督は今年でたぶん71歳です。年齢的なものが影響してくるのか無駄な抑揚がない作品に仕上がっていると思います、それは俳優の演技やいろいろな効果やカメラの動きやストーリー展開など全てにおいてです(具体的にどこかと聞かれると答えられない!)157分間でじわりじわりとこちら側へ染み込んで来るような世界を作り上げています、なので実際問題一度だけ鑑賞したのでは、どこにピントを合わせて良いのやら戸惑っているのです、DVDが出てからかもしく今一度劇場へ足を運ぶか、そうしないことにはこの映画語れません。




エンドロールが終わったその瞬間のあなたの心の思いはどうだったのか?
いつか聞かせてください…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。